湘南国際マラソン 関門との闘いに敗れリタイヤバスに乗る 2019.12.1

1㎞8分ペースで走ろう!作戦

第14回湘南国際マラソンに参加してきました。

f:id:henatan:20191201202311j:plain

この写真は、朝、会場に到着したときに撮りました。

www.shonan-kokusai.jp

私にとって5回目の参加です。過去の記録は・・・

1回目 2012年 関門に間に合わすリタイヤバスに乗る。

2回目 2016年 5時間41分

3回目 2017年 5時間58分

4回目 2018年 5時間52分 へなちょこランナーです。 

昨年の記事はこちらです。 

www.henatan.com

今年の作戦は・・・

1㎞8分ペースで走ろう!作戦 です。 

1㎞8分ペースで走り続けると、5時間38分で完走できるはずです。

でも、私の過去の記録を見ると、いつもスタートから20㎞くらいまでを1㎞7分~7分30秒程度のペースで走っていました。同じ失敗を繰り返しています。

後ろのほうのブロックからスタートしても、周囲のランナーのペースに合わせて走るとこうなります。そして、30㎞を過ぎると多くのランナーが歩いています。

遅いランナーのほとんどが、前半オーバーペースなのです。周囲の流れに乗らずに1㎞8分ペースで走るのは、なかなか難しいです。

私は10㎞やハーフマラソンなら、スタートからゴールまで同じくらいのペースで走り続けることができるのですが、フルマラソンはいつも後半失速します。イーブンペースで走れたことがありません・・・。(10㎞の大会は1㎞6分、ハーフマラソンは1㎞7分を目安にしています。)

 

そこで、今年こそイーブンペースで完走しよう!1㎞8分ペースで走ろう!と決めました。

ところが・・・・・

f:id:henatan:20191201202416p:plain

20㎞~30㎞は、1㎞9分近くかかっています。そして、30㎞までしか記録がありません。

35㎞地点の第7関門に間に合いませんでした。

関門まであと200mのところで、タイムオーバーとなりました。

f:id:henatan:20191201202606j:plain

ちなみに、湘南国際マラソンの関門は、時間ぴったりにロープが張られます。

昨年の記事に、自分で第7関門と第8関門が危ないって書いていたんですけどね。すっかり忘れていました。第8関門(37.1㎞地点)を超えれば、後はかなり歩いてもゴールできます。

 

リタイヤバスに向かって歩きます。

f:id:henatan:20191201203400j:plain

第7関門のリタイヤバス乗り場は、大磯港です。

釣り客の向こう側にたくさんのバスがあります。

f:id:henatan:20191201203521j:plain

第7関門が厳しいのは、きっとリタイヤバスを停めるスペースがたくさんあるからですね。運営側の事情がよくわかりました。

ゆっくりランナーの皆様 湘南国際マラソンの、35㎞地点は要注意です。

関門が閉鎖されたばかりの時間だったので、あっという間にバスは満席になり、発車しました。時間によっては満席になるまで待たされるのかもしれません。

15時少し前に、会場に戻ってきました。

f:id:henatan:20191201204202j:plain

もし、完走できていたとしても、この時間にはまだゴールしていなかったと思います。

どうやって帰るか?

この後、着替えてから会場を出たのは15時45分頃です。この時間、シャトルバスを待つ長い行列ができます。フィニッシュゲートよりも先まで列が続きます。道路が渋滞するため、バスがなかなか来ないからです。

昨年は、寒い中、約1時間もシャトルバスの列に並び、とても辛い思いをしました。(詳しくは、昨年の記事に書きました。)今年も長い行列ができています。

そこで、迷わず大磯駅まで歩くことにしました。

f:id:henatan:20191201210337j:plain

大磯駅までの道を全く知らないままに歩き始めましたが、他にも歩く人がたくさんいたのでついて行けば大丈夫でした。ときどき「湘南国際マラソン」の案内の旗もあります。

f:id:henatan:20191202035739j:plain
f:id:henatan:20191202035815j:plain

16時40分頃、大磯駅に到着しました。途中、セブンイレブンでカフエラテを飲んで休憩したので、会場から大磯駅までは、普通に歩くと、徒歩50分くらいだと思います。

寒い中、約1時間もシャトルバスを待つよりも断然いいです。

15時半過ぎに帰る皆様 歩く余力があれば・・・

帰りは大磯駅まで歩くことをおすすめします。

(私の場合は、35㎞しか走っていないから余力があったのですが・・・。)


ところで、私のガーミンの記録はこちらです。

f:id:henatan:20191202040429p:plain

f:id:henatan:20191202040448p:plain

f:id:henatan:20191202040508p:plain

f:id:henatan:20191202040523p:plain

ちっともイーブンペースではありません!
普段練習するときに、適当なペースでたらたら走っていることにも原因があるのかもしれません・・・。私にはペース感覚が全くありません。

こんな、へなちょこな私ですが、これからも懲りずにフルマラソンに挑戦し続けます。

次回も、1㎞8分ペースで走ろう!作戦  でイーブンペースをめざしたいと思っています。

北八ヶ岳ハイキングでiPhone 11のカメラの実力を知り欲しくなる

2019年11月10日~11日 友人と北八ヶ岳ハイキングに行ってきました。 

www.henatan.com www.henatan.com

そのとき、友人が買い換えたばかりの iPhone 11を持っていたのです。

www.apple.

iPhone 11といえば・・・カメラが良い!ことで有名です。

私はいつも、ブログの写真をiPhone8で撮っています。

 

私がiPhone8で撮った写真と、友人がiPhone 11で撮った写真を比べてみることにします。

1番驚いたのは、高見石小屋の中で天井のランプを撮った写真です。山小屋の中は、電気がないので昼間でも薄暗いです。私がiPhone8で撮ると、こうなりました。

f:id:henatan:20191124174748j:plain

もしかしたら、何か設定をしたり加工をしたりすれば、もっときれいに撮れるのかもしれません。でも、私にはそのような知識や技術がありません・・・。

同じ時間に友人がiPhone 11で撮ると、こうなりました。

f:id:henatan:20191124175939j:plain

f:id:henatan:20191124180008j:plain

下の写真は、私のブログの記事で使わせてもらいました。(私が撮った写真では、ランプの良さが伝わらないので・・・。)
iPhone 11は、暗い場所でも勝手に判断して明るく撮ってくれるようです。

友人がiPhone 11で撮ったその他の写真を紹介します。

普通の針金ハンガーでさえ、カラフルでなんだかおしゃれに見えます。

f:id:henatan:20191124181103j:plain

苔の森は、すでにみずみずしさがなくなっているのですが、夏のように緑が鮮やかです。

f:id:henatan:20191124181241j:plain

差し込む光が美しく見えます。

f:id:henatan:20191124181304j:plain

白駒池や高見石小屋の名物あげパンも、私が撮った写真よりも、くっきり色鮮やかに見えます。

f:id:henatan:20191124180813j:plain

f:id:henatan:20191124180600j:plain

どの写真も、私が撮った写真よりも芸術的??です。撮る人が違うという問題もありますが・・・。

f:id:henatan:20191130161908j:plain

f:id:henatan:20191130161928j:plain

さらに、友人が「ちょっといじった。」と言う写真は、ほとんど詐欺です。

実際に見た空の色は、こんな色ではなかったような・・・。

f:id:henatan:20191130160904j:plain

f:id:henatan:20191130160927j:plain

iPhone 11 欲しくなりました!
次に買い換えるときは、iPhone 11にします。

2020年8月に買い換え予定です。来年の夏、私のブログが生まれ変わるかもしれません。

トレッキングポールにリコールがあったなんて!

半年程前、一度だけ一緒に登山したことがあり、同じLINEグループに入っている方から連絡がありました。次のような内容です。(私が短くまとめました。)

この間、帰り際にポールの先が抜け落ちてしまいました。シナノのサイトを探して修理を頼もうと思ったら、リコールされている商品だったようです。たしか、〇〇さんも同じポールを使ってませんでしたっけ?確認してみてください。対応が早くて2日で戻ってきました。 

 私が愛用しているトレッキングポールは、SINANOフォールダーFREE 115 です。確かに、同じ種類の色違いだったのです。(私はそのことを、ほとんど忘れていました・・・。)

一度だけ一緒に登山したことがある私のために、ちゃんと覚えていて連絡をくださるなんて・・・本当にありがたいことだなあ!と嬉しく思ったので、ブログの記事に書くことにしました。登山中に、トレッキングポールが壊れたら危険です。やっぱり山に登る人は、いい人ばっかりです。(個人の感想です。)

 

購入したときのことは、こちらの記事に書きました。 

www.henatan.com

軽くて、折りたたんでリュックの中に収納できるので、とっても便利で気に入っています。 

早速、リコールについて調べました。 

新商品ニュース・メディア情報 | 株式会社シナノ

一部、引用します。 

■トレッキングポール回収に関するお知らせ(2018/4月)

平素よりシナノ製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

さて、弊社が輸入販売いたしましたトレッキングポール「フォールダーFREE」及び「フォールダーFP」の一部の商品に、ロープテンション調節ねじの勘合の弱いものがあることが判明しました。
対象商品をご愛用のお客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご購入頂きました販売店様へお持ち頂くか、下記「株式会社シナノ お客様相談室」までご連絡を頂きますようお願い致します。無償にて点検・修理をさせて頂きます。(商品のご返送は着払いでお願い致します。)

対象製品は、こちらです。

【製  品】 トレッキングポール
【製 品 名】
  ・フォールダーFREE125(ブラック)
  ・フォールダーFREE115(マスカット、ボルドー、スカイ、ラベンダー、ブルー)
  ・フォールダーFP
  ※2015年2月以前のテンション調節ネジの無いものは対象外です。
  ※アルミ製の「フォールダーFREE AL」は対象外です。

【販売期間】2015年3月~2018年3月

 というわけで、私のトレッキングポールは大丈夫!だとわかりました。

2018年8月に購入したからです。もしも、購入したときのことをブログに書いていなかったら・・・いつ買ったのか?記憶が曖昧だったと思います。ブログを書いていて良かったなあ!

ところで、シナノのトレッキングポールはリコールがあったということですが・・・それでも私はおすすめだと思っています。

f:id:henatan:20191124170814j:plain