※当サイトのリンクにはプロモーションが含まれます

低山で見かけた登山初心者の危なっかしい人たち 2024.2

「富士山で見かけた登山初心者の危なっかしい人たち」の評判が良かったので・・・

www.henatan.com

「低山で見かけた登山初心者の危なっかしい人たち」についても書くことにしました。

主に、神奈川県の大山と東京都の高尾山で見かけた人たちです。

登山する気はなかったのに思いつきで登山道に入ってしまう人

大山と高尾山の共通点は、登山以外の目的で行く人がいることです。

大山は、阿夫利神社下社への参拝や紅葉が目的の場合、下社までケーブルカーで行くだけなら登山の必要はありません。普通の服と靴で行っても特に問題はありません。

ところが、登山する気はなかったのに、ケーブルカーに行列ができているのを見て、思いつきで女坂や男坂を歩いてしまう人がいます。

下社まで、女坂は40分、男坂は30分 と書いてあるのを見て、

その程度の時間なら・・・と

気軽に歩いてしまうのだと思います。

紅葉シーズンは、ケーブルカーのチケットを買ってから1時間待ち・・・だったりするので、歩いたほうがいい!と思うのかもしれません。

www.henatan.com

でも、平らな道を30~40分歩くのと、山道を30~40分歩くのは全く別物です。

普通の服と靴で登山道を歩くのは危険です。滑って転んだり、足を踏み外したりしたら、大怪我につながります。

また、登山経験がない方は、時間が短いほうが早く着いて楽だと感じてしまうかもしれませんが、実際は逆です。男坂は、距離が短い分、傾斜が急で女坂よりハードなのです。

 

高尾山は、途中までは、ケーブルカーやリフトに乗ることができますし、一号路を利用すれば山頂まですべて舗装された道を歩くことができます。

一号路だけを歩くのなら、普通の服と靴で行っても特に問題はありません。
ところが、登山する気はなかったのに、思いつきで(または間違えて)他の道を歩いてしまう人がいます。

知識もなく、地図もなく、登山道を歩くのは危険です。

実際に、多くの転倒や転落の事故が起きています。

特に下りは危険だと思います。

鎌倉のハイキングコースでも、思いつきでハイキングコースに入ってしまったと思われる人を見かけることがあります。

鎌倉のハイキングコースは滑りやすい場所が多く、実は、普通の服と靴では危険です。また、道がわかりにくく、間違えやすいです。

実は私も、道に迷ったことがあります。

www.henatan.com

脱いでもザックに入らない分厚い上着を着ている人

登山では、体温調節しやすいように重ね着をするのが基本です。

標高の違いによる気温差が大きく、気温が低くても歩いていると暑くなり、汗をかくからです。

暑くなったら上着を脱ぎ、休憩するときは上着を着るなど、状況に応じて脱ぎ着して体温を調節する必要があります。脱いだ上着は、小さく畳んでザックに入れます。

真冬の気温が低い日でも、登りでは汗をかきます。それなのに、絶対にザックに入らない分厚い上着を着て、暑そうな顔で歩いている人を見かけることがあります。

間違いなく大量の汗をかいています。中に着ているTシャツ等は、びっしょり濡れているはずです。

歩いているときは、まだいいのです。

そのままの状態で山頂に着き、休憩したら・・・

気温は低いので止まると寒くなります。汗で濡れていたら、汗冷えでガタガタ震えるくらいの寒さに感じると思います。低体温症の危険があります。

お昼頃から登り始めている人

当たり前ですが、登山道には街灯がありません。日が沈むと真っ暗になります。

木に囲まれているので、街中よりも暗くなるのが早いです。

登山初心者の場合、予定よりも歩くのに時間がかかることが多いので、早めに下山するほうが良いです。登りで体力を使い切ってしまい、下りでスピードダウンするのはよくあることです。

それなのに、私が下山完了する頃に登り始める人を見かけることがあります。

もしかして、登頂せずに途中まで行くだけのつもりかもしれませんが、人ごとながら、

今からで大丈夫なのか??

と心配になります。3時には下山完了するくらいの計画にすると良いと思います。

子どもが走ってかなり先に行っているのに放置している人

低山だけでなく、標高の高い山でも見かけることがあります。

とっても危険だと思います。

登山者が多い山でも、道迷い遭難はたくさん起きています。

大人でも道を間違えるのです。子どもが道を間違える可能性は、大人以上だと思います。

もしも、子どもが道を間違えて登山道ではない道に入りこんでしまったら・・・

想像しただけでも本当に恐ろしいです。

大人が見える範囲から離れないようにさせるべきです。

全ての荷物を大人が持ってあげているのを見かけることもありますが、

もしものことを考えると、水筒と最低限の行動食くらいは、子どもに持たせたほうが良いのではないかと思います。

道迷い以外にも、滑って転んで滑落し自力で登山道に戻れなくなる可能性もありますから。救助の人が到着するまでの間、体力を維持するための水分と食料が必要です。

地図を持っていない人

地図を持たずに、登山道にある案内の看板や道標だけを見て登山している人がいます。

危険です。

大山に登ったとき、下社の階段の下あたりで道案内の看板を見て、

「こっち行くと見晴台だって。行ってみる?」

と話している人を見て、ぎょっとしたことがあります。

その場所から、見晴台までは、登山道を歩いて片道約35分です。

ちょっと気軽に行ってみる距離ではありません。

(その人たちは、見晴台には行かないことにしたみたいだったので良かったです。)

 

「山頂まであと少しですか?」

とよく聞かれる件について、記事に書いたことがあります。

www.henatan.com

このことからも、地図を持たずに歩いている人が多いことがわかります。

今は、便利な登山地図のGPSアプリがあります。

無料のアプリもあるので、是非活用することをおすすめします。

私自身は、紙の地図、GPSアプリの地図、ともに「山と高原地図」を活用しています。

www.henatan.com

ニュースにはならないけれど、身近な低山で多くの山岳遭難が起きています。

山を甘くみてはいけません。

山が大好きな私としては、準備や知識不足による遭難が少しでも減ってほしいと心から思っています。

www.henatan.com

 

テント泊への道⑤ 太陽光で充電できるランタン「キャリー・ザ・サン」を購入 2024.2

テント泊への道①~④の続きです。

www.henatan.com

www.henatan.com

www.henatan.com

www.henatan.com

テント泊を始めることになったら購入しようと思っていたものの一つが

「キャリー・ザ・サンです。

太陽光で充電できるランタンです。

友人が持っていて、以前から欲しいと思っていました。

好日山荘で購入しました。(ポイントが残っていたので。)

アマゾンでもあります。

サイズは2種類(スモールとミディアム)あります。

私はスモールを選びました。

数年前に話題になり、人気がありすぎて手に入りにくかった時期がありました。アマゾンで値段がはね上がっていたのを覚えています。

今は、普通に購入することができます。

carrythesun.jp

袋から出しました。

環境にやさしくて、軽くてコンパクトで、とっても良いです。

デザインもかわいいです。

ソーラー充電できるって素晴らしい!

2泊以上する場合、晴れていれば山の上で充電できます。

モバイルバッテリーは、スマホとヘッドライトの充電にどうしても必要ですから無駄遣いしたくありません。

つけてみると、なかなか明るい。

テント泊だけでなく、停電のときにも役に立ちそうです。

↓説明書がついています。

 

モンベルのオンラインショップでステンレスミラーとWIC.クール ライトフィンガーレスグローブとL.W.チェーンスパイクを購入する 2024.2

ステンレスミラー

1番欲しかったのは、ステンレスミラーです。

友人が持っているのを見て、欲しいと思っていました。

年末にオンラインショップをチェックすると・・・

 

完売 今期の入荷はありません。」と表示されていました。

1月にグランベリーパークのモンベルショップで聞くと、全国で完売していて、3月下旬に発売予定とのことでした。

人気だったのですね!

2月中旬、念のためオンラインショップをチェックすると既に発売されていて、売り切れる前に・・・と思ってすぐに購入しました。(値段は少し上がって、2200円になっていました。)

モンベル | オンラインショップ | ステンレスミラー

人気の理由、わかります。

モンベルらしい、

かゆいところに手が届く商品だと思うのです。

山小屋を早朝出発するとき、電気がついていないため、ヘッドライトの明かりを頼りに薄暗い中でメイクすることってよくあります。

そんなとき、間違えて踏んだりする可能性があるので

割れないって大事です。

紐がついていることも重要です。暗闇でうっかり手を離したらどこに置いたかわからなくなるからです。友人は、いらないと思ってはずして捨ててしまい、その後やはり必要だと気づいて別の紐をつけたそうです。

袋が鏡拭きとして使えるというのも、すごい発想だと思います。

さすがモンベル!です。

WIC.クール ライトフィンガーレスグローブ

2番目に欲しかったのは、WIC.クール ライトフィンガーレスグローブです。

私は、冬以外の季節の登山では、フィンガーレスグローブをつけています。

怪我と日焼け防止のために、グローブは必ずつけるのですけど、指先が出ているほうがスマホを使うときや細かい作業をするときに楽だからです。

お財布から小銭を出したり、靴紐を結び直したりするときに、フィンガーレスグローブなら、グローブをはずす必要がありません。

フィンガーレスグローブは、既に2つ持っています。

・・・・・ボロボロです。

もっと早く買い換えるべきだったかもしれません。

先延ばしにしてボロボロのグローブを使い続けていました。

今回、オンラインショップでステンレスミラーを購入するにあたって、送料無料にするためには他にも買い物をする必要があります。

(※1回の注文での商品合計が11000円以上で送料無料になります。)

そこで、この機会に購入しよう!と思いつきました。

モンベル | オンラインショップ | WIC.クール ライトフィンガーレスグローブ Women's

つけてみると、軽くて、さらっとしていて、暑い夏の登山でも涼しそうです。(薄いので、ボロボロになるのは早いかもしれません。)

手首にマジックテープ等がついていないところも、つけたり外したりが楽なので気に入りました。

L.W.チェーンスパイク

私はすでに、6本爪と4本爪の軽アイゼンを持っています。

でも、やっぱり、チェーンスパイクも欲しい・・・

と思っていました。

私のホームマウンテンである丹沢の山々では、雪の積もる量が少ないことが多く、木道や岩の上では、軽アイゼンは爪が長すぎて歩きにくいのです。

送料無料にするために、このタイミングで購入を決断しました。

 

モンベルのチェーンスパイクは、2種類あります。軽いほうにしました。

モンベル | オンラインショップ | L.W.チェーンスパイク

雪が少し深いときは、既に持っている6本爪の軽アイゼンを使うので、チェーンスパイクは雪が少ないとき専用と考えているからです。

届いたチェーンスパイクを箱から出してみると、

思った以上に小さくて軽いです。

重さを比べてみました。

左から

チェーンスパイク 247g

4本爪軽アイゼン 180g

6本爪軽アイゼン 579g

チェーンスパイクは、6本爪軽アイゼンの半分以下の重さです。

登山靴をはいて取り付けてみると、思ったよりも簡単でした。

もっと早く購入すれば良かったかもしれません。

山で使うのが楽しみです。

 

モンベルのオンラインショップで買い物をした過去記事はこちらです。

www.henatan.com

www.henatan.com

www.henatan.com

www.henatan.com

モンベルのリンクにはプロモーションが含まれていません。