山の上で肉まんを温める方法を考える

山の上で温かい肉まんが食べたいです。

そのために、ホットサンドメーカーで焼いてみた記事はこちらです。 

www.henatan.com

今度は、アイラップを使って温めてみることにします。 

アイラップ 60枚

アイラップ 60枚

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

アイラップとは、湯せんも出来る耐熱性の袋です。

今回は冷凍ではなく、冷蔵保存する肉まんを買ってきました。本来は、ラップで包んで電子レンジで温めて食べるための商品です。

f:id:henatan:20200118153750j:plain

アイラップに入れて、

f:id:henatan:20200118153918j:plain

お湯を沸かしたクッカーの中で約5分、温めました。

f:id:henatan:20200118154054j:plain

ほかほかにできました。

f:id:henatan:20200118154154j:plain

でも、やっぱり蒸した肉まんとはちょっと違います。パサパサ感があります。

そこで、温める前に肉まんにスプーンで少し水をかけてから温めました。

f:id:henatan:20200118154321j:plain

パサパサ感が減って、よりおいしくなりました!

でも、やっぱり本当に蒸したわけではないので、蒸したらもっとおいしくできるのではないか?という気持ちがあります。

もしも、クッカーの中に入る小さい網があったら・・・。

もっと良い方法を発見したら、また記事に書きたいと思います。

新しいランニングシューズは「HOKA ONEONE クリフトン6」 

私が1年以上愛用しているランニングシューズは、アシックスのGELーKAYANO25です。初めて購入したときのことは、こちらの記事に書きました。  

www.henatan.com

とても気に入っているので値段が安くなってから色違いを購入し、今は2足目を愛用しています。GELーKAYANO25に不満はありません。次は、GELーKAYANO26にしようかな?と思っていましたが、

www.asics.com

違う種類のシューズにも挑戦してみたくなり・・・ ・・・  

新しいランニングシューズを購入しました。以前から気になっていた・・・

「HOKA ONEONE クリフトン6」です。 

f:id:henatan:20200118162902j:plain

HOKA ONEONEの公式HPには、私が予約録画して欠かさず観ているNHKーBSのランニング番組「ランスマ」の

www4.nhk.or.jp

金哲彦コーチのコメントが載っていました。

https://www.hokaoneone.jp/clifton/

引用します。

クリフトンは、ウルトラ100kmを走れるし、まだ走力のできていない初心者にもうってつけのまさに万能選手。

レースに頻繁に出る人ならこのシューズでダメージを減らすことができるし、フルマラソンでサブ4を狙うランナーには秘密兵器になるでしょう。

初心者なら1足目に、経験者なら2足目におすすめです。

信頼している金コーチがおすすめしてくれるなら♪・・・という訳で決めました。 

ランニングシューズ売り場で試し履きをしてみると、

柔らかい!軽い!

気持ちの良い履き心地です。でも、いつもと同じサイズ(23.5)なのに少し大きい感じがします。店員さんにそのことを言うと、

「クリフトン6は、一つ(0.5)小さいサイズを買う人もいます。」

とのことでした。クリフトン5よりも表面の生地が柔らかくて伸びる素材でできているからだそうです。(私の曖昧な記憶で書いています。店員さんの言葉の内容は少し違ったかも?しれません。小さいサイズを買う人もいるということは確かです。)

試しに、いつもの23.5より一つ小さい23を履いてみると(パンプス等は22.5を履いています。)

ぴったりです!

GELーKAYANOのような、がっちりと足を支えてくれる感じはありません。全体が柔らかくて履いていて楽な感じです。

ちなみに、クリフトン5が安くなっていたので魅力的だったのですが、私に合うサイズがなくて諦めました。 

私にとって理想的なランニングシューズは、

ダメージが少ないシューズ

だと思っています。「速く走れるシューズ」ではないところがポイントです。私のフルマラソンのタイムは、どこまで足が終わらずにもちこたえるか?で決まります。

まだ、近所を10㎞走っただけですが、初めて履いたときから足になじんでいる気がします。とても軽いので楽に感じました。

重さを比べると、クリフトン6は24㎝で209g、ゲルカヤノ25は25.5㎝で288g。

筋力が足りていない私には、この重さの違いは大きいのではないか?という気がしてきました。

クリフトン6は、本当にダメージが少ないのか??は長い距離を走ってみないとわかりません。履き慣れた頃に、改めて感想などを書きたいと思っています。

冬山登山用の手袋に「TEMRES 01winter」を1980円で購入

約1年前、山で友人がこちらの手袋をしていたのを見て気になっていました。 

ショーワグローブの「防寒テムレス」です。

完全防水だし、暖かいし、寒い日に自転車に乗るときにも愛用しているそうです。

登山用品店ではなく、ホームセンターや作業用品店で売っています。(作業用手袋ですから。)友人は「ドイト」で買ったと言っていました。値段は2000円以下!が最大の魅力です。

冬山登山用の手袋って、値段が高いですから・・・。

山で全く同じ手袋をしている人を何人か見かけたので、流行っているのだなということもわかりました。(男性ばかりでしたけど。)

でも、一番小さいサイズがMサイズなので、私には大きすぎます。(女性用はありません。私は女性用のSサイズの手袋でも指先が余るくらい指が短いです。)

デザインと色も微妙です・・・。

1年前は、私も買おうだなんて全く思いませんでした。

 

昨年末の丹沢登山のとき・・・友人はそっくりの黒い手袋をしていました。  

www.henatan.com

以前は水色しかなかったのですが、黒も発売されたそうです。 

詳しい経緯は、こちらのHPに載っているのを見つけました。 

yamahack.com

引用します。

一部の登山者の間ではもう定番になりつつある「防寒テムレス」。作業用手袋でありながら透湿性のある手袋として評価され、絶大な支持を受けているアイテムの一つです。そんなテムレスから大ニュース。なんとテムレスがブランドとして誕生。その名も「TEMRES」。

2019年秋に発売されていたのですね。ショーワグローブのHPはこちらです。

www.showaglove.co.jp

「TEMRES 01winter」と「TEMRES 02winter」があることもわかりました。そういえば、友人が持っていたのは、「TEMRES 02winter」の方でした。

12月28日の蛭ヶ岳の朝の気温は、マイナス7℃。
友人の「TEMRES 02winter」は、快適そうでした。

気温がマイナスになると、たとえ短時間でも写真を撮るために手袋を外してしまうと、再び手袋をしても一度冷えた手はなかなか暖まりません。それでも、iPhoneで写真を撮りたいのです。

「TEMRES」だったら・・・

私には大きすぎるので、中にタッチパネル対応の別の手袋をして、「TEMRES」だけをはずして写真を撮ると良いのでは??と思いつきました。

水色の「防寒テムレス」は、買おうとは思わなかった私ですが、黒い「TEMRES」ならいいかも!(安いし・・・。)という気持ちになりました。

「防寒テムレス」を売っている場所は、ホームセンターや作業用品店ですが、「TEMRES 01winter」と「TEMRES 02winter」は、登山用品店で売られています。

でも、人気のため品薄のようです。アマゾンでは高額になっていました。見つけたら買おうと思っていたところ、

好日山荘町田店で、「TEMRES 01winter」のMサイズ見つけました!

1980円で購入することができました。

f:id:henatan:20200118183037j:plain

裏は、このように暖かい素材になっています。

f:id:henatan:20200118183512j:plain

f:id:henatan:20200118190641j:plain

f:id:henatan:20200118190702j:plain

私にはかなり大きいので、中に別の手袋をしても余裕です。山で使うのが楽しみです。

好日山荘町田店のブログをチェックしたら、ちょうど再入荷したばかりでした。

blog.kojitusanso.jp

タイミングが良くてラッキーでした!(Mサイズは最後の1つでした。)