鍋割山② 久しぶりに登山用靴下で足がかぶれた・・・2018.7.14

やってしまいました。

久しぶりに登山用靴下で足がかぶれました・・・。

家に帰って、靴下を脱ぐと、大変なことになっていました。

あああ!!!この猛暑の中、1週間は足首までかくれるズボンしかはけない!!

と思い、ショックでした。

私が、登山用靴下でかぶれることについては、こちらの記事に書きました。

www.henatan.com

この記事は、過去の記事の中でもアクセスが多い方です。読んでくださったみなさまには大変申し訳ないことをしました。私の考えは甘かったのです。

スマートウールの靴下なら、かぶれない。

と思い込んでいました。違いました。

スマートウールの靴下でも、かぶれる靴下とかぶれない靴下がある。

が正解です。

そういえば、吉祥寺にある私が大好きなお店「シーズン」に行ったとき・・・

こちらの記事のときです。 

www.henatan.com

お店のご主人が、

「スマートウールの靴下でも、靴下のゴムでかぶれると言うお客さんがいた・・・」

とおっしゃっていました。 

私も、そのお客さんと同じだったのです。

 

かぶれた靴下とかぶれなかった靴下を比べてみます。

f:id:henatan:20180717204558j:plain

1番左が、今回かぶれた靴下です。右の2種類は、今までかぶれなかった靴下です。
一目見ただけで、1番左は幅が狭く、ゴムの締めつけが強いのがわかります。右の2種類はゆったりしています。

次に、裏返してみました。

f:id:henatan:20180717204929j:plain

1番左の靴下の、上の方、3㎝くらいの部分です!!

この部分にひどくかぶれました。

ゴム編みのように、細くなっています。右の2種類は、内側がふかふかで柔らかく、上の部分も比較的ゆったりしています。

かぶれる原因は、靴下のゴムだったのです!

1番左の靴下も、今まで何度も山登りのときにはきましたが、かぶれたのは今回初めてです。今まではタイツをはいていたからかぶれなかったのです。

今回は、暑すぎてとてもタイツをはく気にはなれませんでした。

(右の2種類の靴下は、夏にタイツなしではいてもかぶれませんでした。)

私が、過去一番ひどくかぶれたときは、テーピングのように足首周辺をサポートする機能があり、締めつけが強い靴下をはいたときでした。普通の靴下よりも値段が高かったので、捨てるのがもったいない・・・と思ったものでした。

(ちなみに、私はテーピングもかぶれます。膝の痛みを予防するために、テーピングを膝のまわりに貼ってフルマラソンを走ったところ、テーピングの形にくっきりと赤く腫れたことがあります。)

今後の対策を考えてみました。

対策① 夏の低山は、トレランスタイルで登る。

タイツをはくことで、かなり予防できますが暑いです!

タイツ+ロングパンツ+登山用靴下+登山靴 

は、暑すぎて耐えられません。そこで、

タイツ+薄手のショートパンツ+ランニング用靴下+トレランシューズ

にします。きっとかぶれないと思います。(近日中に試してみます。)

トレイルランナーの多くは、筋肉で引き締まった足をしているので夏はタイツをはいていません。私の足は、たるみすぎていてタイツなしでは山を歩けません(走れません)。

速く走れないのでヤマビルも怖いです。丹沢のヤマビルについては、こちらの記事に書きました。 

www.henatan.com

どんなに暑くても、タイツをはくしかない!ということだと思います。

対策② 夏は、標高が高くて涼しい山に登る! 

かぶれの原因は、大量の汗をかくことです。暑くなければかぶれません。

できれば、対策②がいいです。次回は、もっと標高の高い山に登ることにします。

 

同じ日の、鍋割山①は、こちらです。 

www.henatan.com

 

鍋割山① 3連休の初日に混雑を避けて登ろう作戦 2018.7.14

3連休中の山小屋は、間違いなく混雑しています。だから日帰り登山がしたいです。そこで、3連休の初日に混雑を避けて登ろう作戦!を実行することにしました。

始発バスに乗り、周囲の人よりも速く登れば混雑を避けることができるはず・・・という作戦です。

以前、「ゴールデンウィーク中に混雑を避けて登ろう作戦!」の記事を2回書きました。こちらです。

 1回目

www.henatan.com

2回目 

www.henatan.com

今回の目的地は、鍋割山です。

「Let’sGo!丹沢・大山やまなみ登頂スタンプラリー」のスタンプを押すためです。

Let's Go! 丹沢・大山やまなみスタンプラリートップページ | Let's Go! 丹沢・大山やまなみ登頂スタンプラリー

では、作戦開始です。

目指すのは、朝6:48渋沢駅北口発 大倉行きのバスです。

念のため、少し早めに小田急渋沢駅6:34着の電車で行きました。

電車を降りて、バス停に行くとすでにバスは停車していて、多くの乗客がいます。

乗り込んで少しすると・・・

6:37には発車しました。

あれ??始発の時刻よりも早くても発車するのですね!!初めて知りました。

混雑する時期に、臨時バスが出ることは知っていましたが・・・。ということは、混雑しそうな日は、始発より早い時刻にバスが出ることを狙って、早めに来ると良いのかもしれません。勉強になりました。(始発はいつも通りで、長い時間待つかもしれませんけど。)

大倉に着いたら、トイレの裏にあるベンチでゆっくり準備して出発です。7時頃には出発できました。

f:id:henatan:20180716195624j:plain

それほど混雑していません。

f:id:henatan:20180716195746j:plain

猛暑だからでしょうか?多くの人は、もっと標高が高くて涼しい山を目指すのですね。きっと。 

西山林道では、あちこちに神奈川県の花 ヤマユリが咲いていました。

f:id:henatan:20180716195937j:plain

西山林道は、標高500m~600mくらいで暑いですが、沢の水音がずっと聞こえるので少しは涼しく感じます。

f:id:henatan:20180716200151j:plain

鍋割山といえば、これも名物の一つです!今日は、水だけでなくトイレットペーパーやガスボンベもあります。

f:id:henatan:20180716200237j:plain

看板には、次のように書いてあります。

鍋割山荘で使用する水道水です!!

このペットボトルは、鍋割山荘が用意した水道水でボランティアで運んでいただく為に置いてあります 山荘経由で体力に自信のある方 ボランティア精神旺盛な方はご協力お願いします (以下略) 

へなちょこな私は、申し訳ありませんが運べません。鍋割山は、ここまでの林道はなだらかですが、ここから急登が始まるのです。

私の前を歩いていた男性2人は水をリュックに入れていたようです。(尊敬します!!) 

標高900mを超えたあたりから、ホタルブクロの花が現れました。

f:id:henatan:20180716201905j:plain

これは、ホタルブクロではなく、ヤマホタルブクロでしょうか??自信がありません。

標高900mより高いところでたくさん見かけました。

ちなみに、こちらの本から引用すると、 

丹沢に咲く花

丹沢に咲く花

 

 ホタルブクロと比べると、より標高の高いところに生え、花の色は少し濃いものが多い。また、ガク片とガク片の間には、反り返った三角形の付属体はなく、少し盛り上がる。

ということです。

10:30 鍋割山荘に到着です。

f:id:henatan:20180716202851j:plain

暑さに負けて、速くは登れませんでした。

暑いから、今回は鍋焼うどんはやめてもいいかな・・・と思っていたのですが、待たずに食べられるということだったので、(混雑していなかったので。)

やっぱり食べました! 山の上で、この味で、1000円は安いと思います。

f:id:henatan:20180716203044j:plain

鍋割山といえば、鍋焼うどんです。

鍋割山荘でスタンプを押しました。やっと全てのスタンプを集めました!

f:id:henatan:20180716204132j:plain

f:id:henatan:20180716203421j:plain

山頂から、金冷シまで鍋割山稜を歩き、大倉尾根から下山しました。

金冷シからは、コースタイム25分で塔ノ岳に登れますが、混雑していそうなので今回は行きません。

立山荘でかき氷(400円)を食べました。期間限定の日向夏です。

丹沢 花立山荘

f:id:henatan:20180716203835j:plain

f:id:henatan:20180716204254j:plain

私がかき氷を食べていた場所のすぐ後ろ、5mくらいのところに鹿がいました!f:id:henatan:20180716204654j:plain

立山荘前には、多くの人がいましたが、鹿がいることに気がついていた人は少なかったみたいです。私の他、数人が写真を撮っていましたが、気にせず何かをむしゃむしゃと食べていました。

 

観音茶屋の近くにもヤマユリが咲いていました。

f:id:henatan:20180716205007j:plain

 

f:id:henatan:20180716205059j:plain

牛乳プリン(150円)を食べました。

f:id:henatan:20180716205211j:plain

f:id:henatan:20180716205241j:plain

土日の大倉尾根は、混雑することが多いですが、土日営業の山小屋に寄ることができるのが魅力の一つです。花立山荘や堀山の家、観音茶屋などです。 平日の大倉尾根は、塔ノ岳山頂の尊仏山荘以外、全ての山小屋が閉まっています。

大倉着は、3時頃でした。

秦野戸川公園パークセンターへ行き、登頂確認のスタンプを押してもらいました。

f:id:henatan:20180716210420j:plain

f:id:henatan:20180716210500j:plain

「丹沢やまなみ手ぬぐい」をもらいました。

f:id:henatan:20180716211015j:plain

さらに、アウトドアグッズや名産品などの豪華賞品が当たるダブルチャンス抽選会があるので、ハガキに記入して 専用ポストに投函しました。

ちょうど、大倉に「名水はだの富士見の湯」の無料送迎バスがきていました。

f:id:henatan:20180716215419j:plain

名水はだの富士見の湯公式ホームページ

無料送迎バス時刻表

http://www.hadanofujiminoyu.jp/access/pdfs/timetable.pdf

私は利用したことがありませんが、いつか利用してみようと思っています。送迎バスの本数が少ないので、時間のタイミングを合わせるのが難しいかもしれません。

(でも休憩できる場所はありますし・・・。)

渋沢のカフェ「kiks kaffe

下山後は、渋沢のカフェ「kiks kaffe」へ行きました。渋沢駅南口から、徒歩約3分のところにあります。 

kikskaffe.wordpress.com

ドリンクメニューです。

f:id:henatan:20180716214537j:plain

今回は、カフェモカにしました。

f:id:henatan:20180716214627j:plain

 「kiks kaffe」については、こちらの記事にも書きました。おすすめのカフェです。 

www.henatan.com

サブ4!!特製パプリカのマリネを作ってみた

BS日テレのランニング番組「サブ4!!」で、 ランナーに必要な栄養が詰まったお手軽レシピ「マラソーメン」と一緒に紹介されていたのがパプリカのマリネです。 
www.bs4.jp

公認スポーツ栄養士・こばたてるみ先生のレシピです。

「マラソーメン」を作ってみた記事はこちらです。 

www.henatan.com
www.henatan.com

スーパーに買い物に行ったら、ちょうどパプリカが安売りになっていたので(1個95円でした。)パプリカのマリネも作ってみることにしました。

f:id:henatan:20180624040244j:plain

パプリカのマリネ

<マリネ液の材料>パプリカ約2個分


大さじ2
サラダ油
大さじ2
砂糖
小さじ2

小さじ1

作り方

乱切りにして、軽く炒めたパプリカをマリネ液に漬け、冷蔵庫に1時間程入れる

簡単です。

おいしくできました! 

f:id:henatan:20180624040421j:plain

パプリカをこんなに1度にたくさん食べたのって、初めてかもしれません。

お皿に盛り付けたのは、作った分量の4分の1程度ですが、それでも1度に食べるには多いです。

でも、冷蔵庫に入れておけば1週間くらいは日持ちしそうなので(たぶん)付け合わせとして少しずつ食べようと思います。