鎌倉アルプス 天園ハイキングコースで道に迷う  2018.5.20

子どもの頃から神奈川県に住んでいる私は、鎌倉には数えきれないほど行ったことがあります。(観光や食べ歩きや参拝や花火大会で)でも、鎌倉アルプス天園ハイキングコースは行ったことがありません。

そこで、今回初めて挑戦することにしました。 

このガイドブックのコースを参考にして歩きました。 

距離約8㎞ コースタイム2時間40分 最高地点でも標高159mです。 

「鎌倉アルプス」と呼ばれる天園ハイキングコースは、建長寺からスタートするのが一般的なようです。このガイドブックでもそうです。(拝観料500円が必要です。)

今回は、混雑を避けて開門時間(8時30分)よりも早くスタートするために、明月院側から歩くことにしました。(お金もかかりません。)

コースについて詳しくは、こちらにも載っています。 

ちなみに、このガイドブックでは、逆から歩くコースが紹介されています。 鎌倉駅からバスで鎌倉宮まで行き、そこから北鎌倉まで歩きます。建長寺側ではなく、明月院側を通って北鎌倉駅へ行くコースです。 でも、鎌倉駅から鎌倉宮までは、バスに乗らなくても楽に歩ける距離です。周辺にお店が並び、わかりやすい道なので私は歩くことをおすすめします。

今回は友人と一緒なので、鎌倉駅をゴールにしたほうがハイキング後に 鶴岡八幡宮で参拝したり、小町通りで食べ歩きができて良いと思ってコースを決めました。

山と食欲と私」の鮎美ちゃんも2巻で鎌倉アルプスを歩いています。 建長寺からスタートし、(建長寺で小松原さんに会い・・・)小町通りで食べ歩きをしています。

山と食欲と私 2 (BUNCH COMICS)

山と食欲と私 2 (BUNCH COMICS)

 

 北鎌倉駅7:12着の横須賀線を下車し、ハイキングをスタートしました。

朝早いので、明月院はまだ開門していません。

f:id:henatan:20180520164928j:plain

f:id:henatan:20180520165015j:plain

ときどき、道案内の表示がありますが、ちょっとわかりにくいです。

f:id:henatan:20180520165327j:plain

ハイキングコースは、道幅が狭いところが多く、一般的な山道でした。知らずに普通の靴で来たら大変です。ハイキングシューズやトレランシューズがおすすめです。標高差は少ないですが、すべりやすい場所もあります。すぐ近くに民家が見えるのに、こんなところにこんな道が??と意外な感じがしました。

大平山です。順調にたどり着きました!標高159m。青空がきれいです。

f:id:henatan:20180520165754j:plain

トビに注意です。

f:id:henatan:20180520170004j:plain

少し歩くと、横浜市内の最高地点もありました。

f:id:henatan:20180520170118j:plain

ここまでは順調だったのです。ここから先も、順調に歩いているつもりだったのです。

鳥の鳴き声を聞きながら気持ちよく歩いていました。

途中で、どちらに行くのか?迷った分岐のような場所もありましたが、メインの道っぽいほうに歩いてきたつもりでした。

ところが・・・・

完全に道に迷いました!

鎌倉霊園の中に入り込んでしまいました。

ガイドブックは持っていましたが、ガイドブックの地図は主なハイキングコースしか載っていません。どこにいるのか?全くわからなくなりました。

鎌倉アルプスをなめていました。ガイドブックの省略した地図だけでなく、きちんとした地図を持つべきでした。(反省・・・)

ちなみに、鎌倉霊園は、とっても広くてきれいで立派な霊園でした。園内循環バスが走っているほど広いです。

f:id:henatan:20180520171338j:plain

f:id:henatan:20180520171427j:plain

友人が調べてくれたところによると、鎌倉霊園には、川端康成山本周五郎杉原千畝鶴田浩二など、有名人がたくさん眠っていらっしゃるそうです。

お墓参りに訪れていた方に、通りへ出る道を聞き、鎌倉霊園の正面入口から出ることができました。

f:id:henatan:20180520172234j:plain

「墓参の方以外の入園はおことわりいたします」と書いてあります。

すみません・・・。入るつもりはなかったのです。

鎌倉霊園の前にはバス停がありました。そこで、ちょうど停まっていたバスの運転手さんに聞き、鎌倉駅方面行きのバスに乗ることにしました。 

そして、次の大失敗に気がつきました。

オートチャージパスモを落としたことに!

北鎌倉駅から歩く途中のどこかに落としたのだと思います。バスには現金で乗りました。電話でクレジットカード会社に問い合わせると、パスモをとめるには、駅に行って手続きするしか方法がないことがわかりました。

仕方がないので、ハイキングをあきらめて、鎌倉駅まで行き、パスモの使用をとめる手続きをしました。やってしまいました・・・。友人には本当に申し訳ないです。

パスモをとめてちょっと安心したので、コーヒーを飲んで休憩することにしました。

丸山珈琲です。

f:id:henatan:20180520173705j:plain

私は、アイスラテを注文しました。

f:id:henatan:20180520173851j:plain

ここで、私は次の大失敗をしました。夏の山登りの計画について話すために、北アルプスの地図を広げたときに・・・

アイスラテのグラスを倒し、こぼしてしまったのです!

机や床や、私のリュックやTシャツやズボンが、アイスラテまみれになりました。

お店の方は、すぐに紙ナプキンやふきんを用意してふいてくれたうえに、新しいアイスラテを出してくれました。(まだひとくちしか飲んでいなかったので。)

丸山珈琲、とっても良いお店です。ありがとうございました。アイスラテおいしかったです。

www.maruyamacoffee.com

その後、11時を過ぎたので、小町通りへ行きお店が混む前にランチにしました。 

ルンルンCafeです。

f:id:henatan:20180520175241j:plain

 ビーフシチューセットにしました。

f:id:henatan:20180520175610j:plain

f:id:henatan:20180520175354j:plain

11時半過ぎには混雑し始め、私たちがお店を出た12時頃には、どの店の前にも人がたくさん並んでいました。さすが鎌倉、さすが小町通りです。 

食後は 鶴岡八幡宮へ行き、参拝しました。

f:id:henatan:20180520175750j:plain

今日は、いろいろな大失敗をやらかしてしまいましたが、お天気には恵まれました。

天園ハイキングコース、いつかリベンジしたいと思います。

 

富士山に初めて登る方と登頂したいけど体力に自信のない方へ

富士山は、私が一番好きな山です。ときどき一緒に山に登る友人と
「体力が続く限り毎年登ろう!」
と約束し、毎年登り続けて8年が過ぎました。小学校5年生と6年生のときにも登ったので合計10回登ったことになります。

この8年間で山登りとマラソンの経験をつみ、今では余裕をもって(?)富士山に登れるようになりましたが、8年前は本当に体力がありませんでした。富士山に登った翌日は、ひどい筋肉痛で普通に歩くことが困難だったほどです。

初めて登頂した小学6年生のときは、クラスで1番運動神経のにぶい子どもでした。(50m走のタイムがクラス最下位でした。ショックだったので忘れられません。)

私が初めて登頂した小学6年生のときの写真がありました。30年以上前です。

f:id:henatan:20180519143431j:plain

運動神経のにぶそうな子どもですね。ジーパンに麦わら帽子、今では考えられない服装です。よく登頂できたなと思います。でも、特に辛かった思い出はありません。

私は、過去10回富士山に登りましたが、10回とも登頂できたわけではありません。2回は登頂できませんでした。

1回目は、小学5年生のときです。家族4人で吉田口から登りました。山小屋で1泊した後、夜明け前に頂上を目指しましたが、母と姉が高山病になりました。(混雑していたので行列になって歩きました。)途中で登頂を諦めて下山しました。山小屋は大混雑で、お隣の人と頭と足を交互にして(ほぼくっついて)寝ました。私が経験した中で一番混雑していた山小屋です。このときの経験から、私は混雑している山と山小屋が嫌いになりました。

翌年、小学6年生のとき、父と私の2人で御殿場口から登りました。母と姉は高山病で辛い思いをしたので、二度と登りたくないと思ったようです。前の年に、吉田口での大混雑を経験したので、父は距離は長くてもすいている御殿場口を選びました。御殿場口は本当にすいていて、同じ山小屋に泊まっていたのは、父と私の2人だけだったような気がします。おかげで、私は特に辛い思いをすることなく、初めて登頂することができました。父と私の2人だったので、完全に私のペースで、ものすごくゆっくり登ったのではないかな?と思います。

今でも、このときの父の判断にとても感謝しています。クラスで1番運動神経が鈍かった私が、小学6年生のときに富士山に登頂することができたから、その達成感が自信になり、大人になって単独でも山に登るほどの山好きになったのだと思います。

2回目に登頂できなかったのは5年前です。友人の子どものMちゃん(当時小学6年生女子)も一緒に登りました。私は自分が6年生のときに御殿場口から登頂できた経験があったので、御殿場口を選びました。Mちゃんは私と違って体力があり、1日目は余裕そうに登りました。ところが、寝ている間に高山病になってしまったのです。

このとき泊まった山小屋は赤岩八号館です。

www.fujisan-akaiwa8go.jp

夕食の手作りカレーがおいしくて、おかわり自由なことで人気の山小屋です。皇太子殿下がご宿泊されたことでも知られています。泊まったことがあった山小屋なので安心感もあって選びました。Mちゃんも、夕食のカレーは元気におかわりして食べていました。

でも、赤岩八号館には欠点があることに後になって気がつきました・・・。

標高が3300mと高いのです。子どもは高山病になりやすいので、標高3000m以下の山小屋に泊まると良いと、後に山の雑誌で読んで知りました。

このとき、赤岩八号館ではMちゃんの他に、何人かの小さい子どもが高山病になっていました。夜中に「うえーん。うえーん。」と子どもの泣き声が聞こえてきて、その声がだんだんと

「うえーん。うえええ~。おえええ~。」と気の毒な声に変化していきました。(Mちゃんは、6年生なので静かに高山病になっていましたが・・・。)高山病は、寝てからなることも多いようです。

高山病になってしまったら、下山しないと楽にはなりません。翌朝、下山を決断しました。標高が下がれば元気になるので、Mちゃんは大砂走りを元気に駆け下りて行きました。Mちゃんは、このとき以来、富士山に登っていません。本当に気の毒なことをしました。

(※赤岩八号館は、元気な大人にはおすすめの山小屋です。カレーがおいしいです。)

私の経験から、また見たり聞いたりしたことからわかるのは、

富士山に登頂できない一番の理由は、高山病です。

高山病にならなければ、運動神経のにぶい子どもでも、あまり体力がない人でも登頂できるのです。(※天候が悪くて登頂できない場合もあると思います。また、普段運動しない方は、ある程度のトレーニングはしたほうがよいです。)

そこで、富士山に初めて登る方と、登頂したいけど体力に自信のない方に向けて、高山病にならずに登頂するためのポイントをまとめることにしました。

1.時間をかけてゆっくり登る

富士山では高度順応が大切です。高度に体を慣らすために、休憩をたくさんとり、ゆっくり登ることで高山病を防ぐことができます。へなちょこな私は、休憩をたっぷりとりますし、速く歩けないから大丈夫なのかもしれません。

体力があるからといって、スピードをあげて登ると高山病になります。 

富士山に限りませんが、こまめな水分補給とエネルギー補給(行動食)も必要です。

2.標高の低い山小屋に泊まる 

標高の高い山小屋に泊まると、高山病になりやすいです。子どもは特になりやすいですが、大人でも高山病になりやすい人となりにくい人がいます。

そして、高山病になりやすさは、体力とは関係ないのではないか?と思うのです。(個人の感想です。)

私は本当にへなちょこで、運動神経がにぶく、体力はないほうです。何度もインフルエンザにかかったことがありますし(予防注射をしてもなります。)風邪をひいたり熱を出したりするのも多いほうです。でも、何故か?高山病になりません。

山登りの経験が少ない方は、自分が高山病になりやすいのか?がわからないと思います。だったら標高が低めの山小屋を選んだほうが安心です。標高3000m以下が良いと思います。

 3.睡眠不足にならないために混雑を避ける

睡眠不足になると、疲れやすく高山病になりやすくなります。山小屋が激しく混雑していると、落ち着いて眠ることができず睡眠不足になります。私が小学5年生のときの母と姉がそうだったと思います。日程やコースを工夫してできるだけ混雑を避けることも大切だと思います。混雑を避けるための方法、私の考えはこちらの記事に書きました。 

www.henatan.com

 特に、頂上でご来光を見ることを諦めて、山小屋で見ることを強くおすすめしたいです。睡眠不足の予防になりますし、混雑を避けて快適に登ることができます。

一度、高山病で辛い思いをすると、山登りが嫌いになってしまいます。富士山は、何度も登りたくなる素晴らしい山です。私の書いた記事がどなたかのお役に立てれば嬉しいです。

 

 

花の百名山 大山で見つけた花 2018.5.6

花の百名山 大山

大山は、日本百名山ではありませんが、花の百名山です。 

日本百名山 (新潮文庫)

日本百名山 (新潮文庫)

 
花の百名山 (文春文庫)

花の百名山 (文春文庫)

 

そこで、大山で見つけた花の写真を撮ることにしました。

こちらの記事の登山のときです。 

www.henatan.com

でも、私には花の名前 がわかりません。また、ブログに間違ったことを書いては大変!と思い、帰りに近所の本屋に寄りました。

 すると、タイミング良く、この本が平積みになっていたので購入しました。 

丹沢に咲く花

丹沢に咲く花

 

~おわりに~を見ると、1998年発行の「丹沢に咲く花」を全面改訂したと書いてあります。また、 2018年4月30日初版第1版発行です。

発売したばかりだから、地元神奈川県内の本屋で平積みになっていたのですね。(小田急線沿線なのでアクセスも良いです。)

ちなみに昨日(5月15日)、同じ本屋に行ったところ、平積みにはなっていませんでした。棚の中に2冊だけ残っていました。

たくさん売れたのか?それとも売れなくて平積みをやめたのか?は謎です。

まず、この本にひと通り目を通すと、大野山で見た花の名前が間違っていたことに気がつきました!この記事です。 (既に間違ったことをブログに書いていました・・・。訂正しました。)

www.henatan.com

f:id:henatan:20180414113026j:plain

この花は、登山中に出会った方に「マムシグサ」だと教えてもらいました。

「丹沢に咲く花」によると、「ミミガタテンナンショウ(耳型天南星)」です。「マムシグサ」は載っていません。

本から引用します。

この仲間は仏炎苞(ぶつえんほう)という、花のように見える筒型の部分が目立つ。本当の花は小さく、仏炎苞に包まれている。仏炎苞が耳たぶのように張り出していることが名前の由来。春先にマムシ模様の芽を出し、葉より先に花を咲かせる。仏炎苞は暗紫色。 花期・4~5月 高さ・20~50㎝ 環境・山野の林内

今日、ネットで調べたところ、マムシグサとミミガタテンナンショウは、間違えやすい花のようです。見分けるポイントは、耳たぶのように張り出している部分ですが、私の写真ではわかりません。 でも、マムシグサが「丹沢に咲く花」に載っていないことを考えると、ミミガタテンナンショウなのだと思います。(大野山でたくさん見かけたので、見られるのなら本に載っていそうです。)

大山では、ミミガタテンナンショウは見かけませんでしたが、そっくりな緑色の花をたくさん見ました。ホソバテンナンショウ(細葉天南星)です。

f:id:henatan:20180513101213j:plain

似た花で、ヒトツバテンナンショウ(一葉天南星)も本に載っていますが、大山にあったのか?はわかりません。名前のとおり葉が1枚であること。仏炎苞は細長く、先には暗紫色の斑紋があり、上を向いていること。などが特徴です。次回は意識して、ホソバテンナンショウとヒトツバテンナンショウの両方を探したいと思います。

この花は、塔ノ岳でもたくさん見かけました。どちらか?はわかりませんが、緑色の花です。こちらの登山のときです。 

www.henatan.com

大山でも塔ノ岳でも、ミミガタテンナンショウは見かけませんでした。

大山では、ピンク色のツツジもたくさん見ました。

f:id:henatan:20180513102525j:plain

ミツバツツジ(三葉躑躅)または、トウゴクミツバツツジ(東国三葉躑躅)です。

ミツバツツジの雄しべは5本で、その名の通り、枝先に3枚の葉をつけるそうです。上の写真はミツバツツジかな??とも思いますが、私の写真では雄しべの本数がわかりません。

こちらの写真は、トウゴクミツバツツジ?かもしれません。

f:id:henatan:20180513103144j:plain

トウゴクミツバツツジは、雄しべが10本です。やはり、私の写真では雄しべの本数がわからないので判別できません。

トウゴクミツバツツジは、丹沢では他のツツジより標高の高い場所にあり、標高1000m以上の尾根筋やブナ帯で多く見られるそうです。上の写真は、頂上に近い場所で撮ったので、標高1000m以上だと思います。

秦野ビジターセンター自然ブログでは、5月11日に塔ノ岳のトウゴクミツバツツジが紹介されています。 

hadanovc.blogspot.jp

 ヤマルリソウ(山瑠璃草)です。丸い花びらのかわいい花です。 

f:id:henatan:20180513104342j:plain

この花は、NHKの「にっぽん百名山」でも紹介されていました。www4.nhk.or.jp

登る前に、録画してある「大山」の回を見直して予習したので、すぐにわかりました。花の直径は1㎝で意外と小さかったので驚きました。

これは、タチツボスミレ(立坪菫)だと思います。

f:id:henatan:20180513105627j:plain

丹沢で見られるスミレの仲間の中では最も多いそうです。

たぶん、その他のスミレ「アオイスミレ(葵菫)」や「ヒナスミレ(雛菫)」もあったのではないか?と思います。同じスミレだと思って写真を撮らなかったかもしれません。

これは、ミツバツチグリ(三葉土栗)だと思います。 (自信はありません。)

f:id:henatan:20180513110325j:plain

本から引用します。

葉は3枚の小葉からなり、小葉は楕円形の小さな葉。茎は、這うように伸びていく。

花期・4~5月 高さ・15~30㎝ 環境・明るい山野

他にも写真は撮りましたが、写真の撮り方が悪くて判別できません。これからは、丹沢の山に登るときには、この本を持って行き、その場で実物を見ながら調べようと思いました。新書サイズなので、持ち歩くのにも便利です。いい本を買いました!

前回、頂上でスタンプを押すのを忘れたので、今月中にはもう一度大山に登る予定です。

ところで、大山は日本百名山ではありませんが、三百名山です。ということは、

「グレートトラバース3」で、田中陽希さんが登りに来る!ということです。

www4.nhk.or.jp

神奈川県の三百名山は、大山の他に金時山箱根山があります。百名山丹沢山もあります。どんなルートで登るのか?も含めて、とっても楽しみです。

丹沢山からは、塔ノ岳を通ってヤビツ峠経由で大山でしょうか??